日本を元気にする会は、日本を元気にするため、元気なメンバーが集まっています!
特定非営利活動法人 日本を元気にする会

第16回 政経リスク研究会

題目:「東日本大震災への自衛隊の支援活動」
日程:8月9日(火)16:00~17:30
場所:陸上自衛隊幹部学校(自衛隊目黒駐屯地内)
講師:河村 仁 陸将 陸上自衛隊幹部学校学校長
司会:橋本 靖明 氏 防衛研究所 研究室長

今回は目黒駐屯地内にあります陸上自衛隊幹部学校にて、陸将・学校長である河村仁氏に、東日本大震災でのご経験始め、自衛隊の支援活動をお話頂きました。河村陸将は、自ら第10師団(名古屋市)を率い、大震災発生直後から部隊を編成して即座に対応し、宮城県南部の被災地に出動されました。支援活動の実際は活動の記録としてビデオでもつぶさに見ることができ、3月12日から5月23日までの75日間、人命救助活動、行方不明者捜索、応急復旧活動支援(給水支援や入浴支援など)、チャリティー活動を通して、被災地や被災者の現状、自衛隊の即応態勢や想定外の災害に対して不足していた準備について、支援活動にあたった自衛隊員の実際、消防や警察との連携や米軍との連携について、そして未曾有の災害で指揮官として任務にあたられたご経験をお話頂きました。

【参加者】
今回は、34名の会員の皆様に参加して頂きました。
スペースの関係で、お名前は省略させて頂きます。

【懇親会】
研究会終了後、目黒駐屯地内クラブにおいて懇親会を開催
懇親会には河村陸将を始め、自衛隊幹部学校の皆様も参加されました。

【謝辞】
今回の研究会開催にあたり、河村陸将、研究室長の橋本氏、総務部長の日向一等陸佐、教育部長の小森一等陸佐、庶務班長の工藤三等陸佐以下、庶務班の皆様方には送迎から会場設営、運営にいたるまで、多大なご助力を頂き感謝しております。心から御礼申し上げます。



2011年8月度 活動予定

第16回政経リスク研究会
日程:8月9日(火曜日) 16:00~17:00
場所:陸上自衛隊幹部学校(自衛隊目黒駐屯地内)
東京都目黒区中目黒2-2-1
講師 河村 仁 陸将
陸上自衛隊幹部学校学校長
題目:「東日本大震災への自衛隊の支援活動」
※今回は時間、場所が変更しております。

研究会終了後、駐屯地内クラブにおいて懇親会を予定しております。
懇親会参加費 5000円
※参加には参加申込み期日までに参加登録が必要です。
参加申込み期日  7月23日(土)
※今回は研究会のみ、懇親会のみの参加はできません。

第15回 政経リスク研究会

題目:「東日本大震災と原子力災害などを考える」
日程:6月14日(火)17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:水野 政明 氏 原電事業株式会社 顧問

日本原子力発電株式会社、原電事業株式会社にて要職を歴任し、チェルノブイリ発電所の視察などのご経験から、今回の福島電子力発電所で起きた事故について、設備や日頃のシミレーションなどを用いたリスク管理の状況、事故原因や復旧作業、現場の状況などについてお話頂きました。また「想定外」というキーワードとともに、原子力発電を含め今後の日本のエネルギー政策の在り方についてもお話頂きました。

【参加者】
今回は、37名の会員の皆様に参加して頂きました。
スペースの関係で、お名前は省略させて頂きます。

第14回 政経リスク研究会

題目:「外資系証券の真実」
日程:4月12日(火)17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:川嶋 秀雄氏 ドイツ銀行・ドイツ証券株式会社 ディレクター

元メリルリンチのリテール部門のトップセールスとして、また事業法人部の柱として、メリル独自のファンドを作り上げてきた経験などから、現在問題となっているデリバティブを組み込んだ仕組債やPDRC債、為替デリバティブ、クレジット・デフォルト・スワップなどについてお話頂きました。また外資系証券の内実とともに、顧客として債権購入時の注意点などについてもお話頂きました。

【参加者】
今回は、22名の会員の皆様に参加して頂きました。
スペースの関係で、お名前は省略させて頂きます。

【懇親会】
初の懇親会を銀座トッポリーノで開催し、29名の会員の皆様にご参加頂きました。今回は銀座梅林の澁谷氏のご好意により、懇親会参加者全員にお弁当を無料で提供させて頂きました。

第13回 政経リスク研究会

題目:「日本は独立国か否か」
日程:2月8日(火)17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:田中甲 氏 リーダーシップインスティテュート(ワシントンDC)日本代表 元衆議院議員

衆議院議員の経験と、米国において自由主義国家と連携を図る政治的リーダーを育成するリーダーシップ・インスティテュートへの参加とその日本代表として、日本の政治家を育て輩出してきた経験から、世界における金融支配体制を中心とした支配構造について、日本の政治家と官僚との関係や、政治とマスメディアの関係についてお話頂きました。また、現在、メディアで取り上げられているいくつかの問題と政治との関係についてもお話頂きました。

【参加者】
今回は、24名の会員の皆様に参加して頂きました。
スペースの関係で、お名前は省略させて頂きます。

【特製弁当】
※今回から、お弁当が必要な方には事前予約を行うことに致しました。
事前予約された方々には銀座梅林のオリジナル創作弁当を、そして参加者全員に山本山からお茶を頂きました。

2011年度の研究会の開催について

2011年度より、事業展開研究会と企業リスク研究会を統合し、政経リスク研究会(政治・経済・経営リスク)と名称を改め、偶数月に日本橋の(株)山本山にて開催致します。

第6回 企業リスク研究会

題目:「インテリジェンスとは何か:日米中露のインテリジェンス」
日程:12月14日(火)17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:NPO法人日本を元気にする会 理事長・嶋田照男氏

インテリジェンスの定義から、インテリジェンスとはどのようなものかという基本的な事から、日本のインテリジェンス機関の現状、アメリカとの情報収集等の相違などを、経験談を含めてお話致しました。また、インテリジェンスに関わることになった経緯や経験を踏まえて、今の日本の政権におけるインテリジェンス機能の問題点等を提起致しました。
会場からも、日本のインテリジェンスには視点が必要等の意見が出されました。
※今回は、銀座梅林のオリジナル創作弁当と山本山のお茶を頂きながらの研究会となりました。

【参加者】
今回は、35名にもなる沢山の会員に参加して頂きました。
スペースの関係で、お名前は省略させて頂きます。

第6回 事業展開研究会

題目:「業法改正と新たなクリジットリスク」
日程:11月10日(水)19:00~20:30
場所:銀座 澁谷画廊
講師:株式会社CIC 顧問 風間眞一 氏

改正貸金業法が今年6月、完全施行されてからのノンバンクを取り巻く環境の変化や、12月に施行される改正割賦販売法について、詳しくお話し頂きました。
また、これらの業法の改正により、今後、どのようなクレジットリスクか懸念されるのかを銀行、ノンバンク、クレジット業者などからも分析し、 業界の取組みなどについてご説明頂きました。

第5回 企業リスク研究会

題目:「人民元は基軸通貨になるか」
日程:10月12日(火)17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:産経新聞特別記者・編集委員 田村秀男氏

田村氏の新著「人民元が基軸通貨になる日」の内容を、ご専門の国際経済の観点を交えて、かみ砕いてお話頂きました。特に現在、中国で起きている不動産バブルについて、中国進出の日本企業の間で、人民元でのビジネス決済が広がっている状況、中国周辺国での人民元でのビジネスや人民元資産の国際化、中国銀行の動向、日本国内銀行での人民元建て預貯金の扱いなどを、中国という国の政策、体制から分析し、その動向を詳しくお話頂きました。

第5回 事業展開研究会

題目:「最近の政治と各種団体との関わり」
日程:9月24日(金)19:00~20:30
場所:銀座 澁谷画廊
講師:社会福祉法人 木下財団 大久保政彦氏

最近の政治の在り方、民主党という政権の特徴や在り方などについて、大臣秘書時代の経験や多くの政治家との関わり、社会福祉法人や各種団体としての関わりなどから、お話頂きました。また「誰でもできる特別特区」として、民間業者が自身の持つアイデアや技術などによる提案を、規制所轄省庁にどのように提案し、地方公共団体と連携を組んで、特区計画として認定してもらうのかという仕組みについて、「平成貝塚モデルプラン」を例に詳しくご説明いただきました。

【特製弁当】
写真は第5回事業展開研究会での特製弁当