日本を元気にする会は、日本を元気にするため、元気なメンバーが集まっています!
特定非営利活動法人 日本を元気にする会

第4回 企業リスク研究会

題目:「新しいロシア―ロシアのビジネス・リスクを考える」
日程:8月10日(火)17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:ユナイテッド・マネージャーズ・ジャパン・ロシアファンド パートナー 大坪祐介氏

日本銀行から在ロシア日本大使館経済部のエコノミスト、CSKベンチャーキャピタルでの海外VB投資などを経て、現在はUMJロシアファンドのパートナーとして活躍されている大坪氏に、ロシア経済のこれまでの流れやロシアの現状、株式市場や投資状況、ロシア投資のリスクやポテンシャルについて、詳しくお話をいただきました。

第4回 事業展開研究会

題目:「政治家との上手な付き合い方」
日程:7月22日(木)19:00~20:30
場所:銀座 渋谷画廊
講師:豊和産業(株) 元衆議院議員秘書 宮森喜郁氏

元衆議院議員秘書としての長年の経験から、政治家の考え方や動き方、政治家との有効な付き合い方、陳情の方法などについて、具体例を挙げながらお話し頂きました。また政治家の秘書とはどのようなものか、議員の選挙活動や普段の地域活動で、秘書はどのような役割を果たしているのかなどについてもお話し頂き、参加者からの数々の質問にもお答え頂きました。

第3回 企業リスク研究会

題目:「リスクコミュニケーションおよび 日本産業博物館構想」
日程:6月8日(火) 17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:(株)東商サポート&サービス
     代表取締役 宇津井輝史氏
     常務取締役 金岡嗣郎氏

前東京商工会議所常務理事・広報部長としての経験から、企業のリスクコミュニケーションの概要について、簡単にお話し頂きました。また長年温めてこられた、インターネット上での日本産業博物館構想について、その主旨やコンテンツ内容例等をご説明頂きました。

第3回 事業展開研究会

題目:「事件捜査からみた東京の今」
日程:5月19日(水) 19:00~20:30
場所:銀座 渋谷画廊
講師:行政書士聖法務事務所 池上聖次郎氏 前警視庁 組対2課 管理官

前警視庁・組織対策2課の管理官として、外国人犯罪、中でも中国人を対象として長年捜査されてきたご経験から、実際の外国人(中国人)の事件捜査を通じて、東京における外国人の生活実態や日本人との関わり合いについてお話し頂きました。
また、東京における外国人の増加要因と外国人犯罪の増加、国家戦略としての留学生受け入れの問題、中国人犯罪者の代理処罰制度や外国人犯罪における弁護と量刑など、通常、テレビや新聞などのニュースでしか触れることにない問題などについても、お話し頂きました。

【食いしん坊な三代目の特製弁当】
研究会では、特製弁当を食べながら活発な意見交換が行われる。この特製弁当は銀座梅林 澁谷氏によるもので、毎回異なる凝ったメニューとなる

写真は第3回事業展開研究会での特製弁当

第2回 企業リスク研究会

題目:「株式上場の前と今」
日程:4月13日(火) 17:00~18:30
場所:日本橋 山本山旧館3階会議室
講師:株式会社テー・オー・ダブリュー 代表取締役会長(CEO)川村 治氏

日本で唯一上場しているイベント会社として、起業・会社設立から上場の至るまでの経緯や上場企業となってわかったこと、上場のコストなどや、様々な方面に渡る各種イベントにおける仕事の概要や苦労話、裏話をざっくばらんにお話し頂きました。またその幅広い交友関係の中から、時代の寵児となった経営者の企業経営や経営感覚についてもお話し頂きました。

第2回 事業展開研究会

題目:「国際霊柩送還について」
日程:3月17日(水) 19:00~20:30
場所:渋谷画廊(渋谷ビル2F)
講師:エアハース・インターナショナル(株) 代表取締役 木村利惠氏

エアハース・インターナショナル㈱は、日本で唯一、海外で邦人が逝去された場合の遺体や遺骨の帰国サポートや、外国籍の方が日本で逝去した場合の母国への遺体や遺骨の送還などを、365日24時間対応で行っている国際霊柩送還の専門企業であり、その設立までの経緯やここまでの苦労、スペシャリスト集団としての業務内容や業務範囲、各関係機関との連携や海外ネットワークの必要性についてお話頂きました。
また、実際に扱ったケースを踏まえ、海外でも国ごとに異なる霊柩送還の現状や葬儀における宗教の重要性、外国籍の方の送還における国ごとの比較や船舶での逝去事例などについてお話頂き、参加者からの様々な質問にもお答え頂きました。

第1回 企業リスク研究会

題目:「事業継承の問題点」
日程:2月9日(火) 17:00~18:30
場所:(株)山本山 旧館3階
講師:(株)山本山 代表取締役 山本嘉一郎氏

創業320年となる老舗の山本山、現在は海苔の販売が有名ですが、始めはお茶と和紙を扱う店として創業されており、企業としての長い歴史と先代経営者の功績、これまでどのように事業を持続し成長発展されてきたか、グローバル化してきたか、またどのように継承されてきたかなどを詳しくお話し頂きました。
また10代目としての自らのポジションや役割、老舗企業の経営者として事業を継承するための思想、先代との関係、会社組織としての取り組みなどについても、ざっくばらんにお話し頂きました。

第1回 事業展開研究会

題目:「海外出店の現状と問題点」
日程:1月13日(水曜) 19:00~20:30
場所:渋谷画廊(渋谷ビル2F)
講師:銀座梅林専務取締役 渋谷昌也氏

銀座の梅林の成り立ちとこれまでの歴史の中で、事業を展開し拡大路線をとった創業者と事業継続継承のために事業を縮小させた2代目、そしてそれらの経験を踏まえたうえでふたたび事業を発展させるべく、色々と模索し続けながらも出店の機会を狙ってきた3代目の経営感覚や経営観の違いや、時代の流れによる顧客ニーズや経営環境の変化をどう読み取って生き残っていくかお話頂きました。

またハワイ、シンガポール、香港と出店をしてきた経験から、出店の際の地域的、人種的等の問題点や現状について、独自のフランチャイズ方法などを詳細にお話頂き、日本と何が違うのか、どう違うのかなどをはじめとした、とても活発な質疑応答が行われました。

勉強会

当会が主催するセミナー・フォーラムは、毎回各界の第一線で活躍されている方をお招きし、ひとつのテーマを設けてお話いただいています。テレビ、雑誌、新聞など、各種メディアでは明らかにされていない生きた情報、有為な情報を中心にお話いただいておりますので、とても密度の濃い内容となっています。また、公演後には質疑応答の時間が設けられ、参加いただいた方からもさまざまな質問ができます。

第4回 勉強会
2008年2月20日18:30より、学士会館において、日本を元気にする会主催の第4回勉強会が開催されました。

テーマ「日本の本当の危機」
講師:小池百合子衆議院議員(元防衛大臣)

第3回 勉強会
2007年4月5日18時より、FCCJ(外国人特派員協会)において、日本を元気にする会主催の第3回勉強会が開催されました。

テーマ「子供にツケをまわさない!ムーブメントに注目せよ」
講師:内山 優 日本税制改革協議会(JTR)会長
吉田 寛 公会計研究所代表 千葉商科大学大学院教授
田中 甲 リーダーシップ研究所代表、元衆議院議員

第2回 勉強会
2006年2月27日18時30分より、FCCJ(外国人特派員協会)において、日本を元気にする会主催の第2回勉強会が開催されました。

テーマ 「日米同盟再構築について~日米の見解の相違」
講師 グラント・F・ニューシャム氏(前米大使館駐在海兵武官 米国海兵隊 予備役大佐)

第1回 勉強会
2005年11月16日、日本を元気にする会主催で第1回勉強会が都内ホテルにて開催されました。

テーマ「中国経済の裏を読み解く」
講師 田村秀男氏(ジャーナリスト・岩波新書『人民元・円・ドル』著者)

リーダーシップ研究所・夏の特別講義に参加

2006年7月7日から10日の間、当会理事でもある田中甲氏が代表を務めるリーダーシップ研究所において、アメリカのLeadership Institute(ワシントンD.C)本部より、モートン・C・ブラックウェル氏をはじめ、4人の講師が来日し、選挙に対するまったく新しい概念と、一市民が政治家になるための資金集めから選挙事務所の運営方法を学ぶ講座に参加しました。

左から:田中 甲氏 /モートン・ブラックウェル氏/マイケル・ロズフェルド氏/ダン・ヘーゼルウッド氏

講義は、若手の人を対象とした政治家(または選挙参謀)を目指す方を対象としており、主題はずばり「選挙をいかに勝ち抜くか」です。 リーダーシップインスティチュートの創設者で校長、そして保守派の権威の一人でもあるモートンC.ブラックウェル氏を始めとする、特別講師4名による3日間の講義は、長時間ではありましたが、それぞれセクションに分かれており、受講する人に少しでも分かりやすくされている印象を受けました。

内容は、リーダーのあるべき条件、組織のあり方、組織の連携など選挙だけでなく、高い目標を目指す人や経営者の方にも十分参考になるもので、非常に濃い内容でした。若手の育成は、当会の活動内容のひとつでもあり今後の活動に大いに役立てたいと思います。

モートン・ブラックウェル氏と当会理事長の嶋田